今からでも遅くないマイニング。

Photo on Visualhunt.com

Photo on VisualHunt

↓前回の記事でマイニングは犯罪ではないことがハッキリしましたね。
Photo on Visualhunt.comマイニングって捕まるの?

仮想通貨は買ったら負け

仮想通貨には第3の入手法がある…
仮想通貨が欲しい…
  1. 仮想通貨取引所で日本円で購入する
  2. 誰かからもらう
  3. ↑ここまでは株や為替と同じです
    仮想通貨だけの第3の手に入れ方…

  4. マイニング(掘る)する
私は今まで一度も仮想通貨を取引所で日本円(法定通貨)で購入したことがありません。

「仮想通貨は買ったら負け」は大げさな話ではなく、
実際2017年後半の仮想通貨ブームで大きな損害を被ったのは、200万円のビットコインを200万円払って取引所で購入してしまった人だと思います。つまり仮想通貨で損をした人というのは「仮想通貨を日本円で買った人」なわけです。

では逆にどんな人が仮想通貨で儲けることが出来た人なのでしょうか?…

ホリエモンはこんなこと言ってます。

堀江貴文さんは「法定通貨で仮想通貨を買ったことはない」と明言されています。
所有している仮想通貨はおもにもらったものであると。

仮想通貨で本当に儲けたのは誰なのか?

仮想通貨で莫大な利益を得ることが出来た人というのはその価格が低い時に大量に入手した人です。
取引所で取引対象となり人気と価格が上昇している時点で日本円で購入してもそもそも儲ける事は難しかったわけです。人気と価格高騰が起こる遥か以前に仮想通貨を手に入れる最も効率的な方法…それがマイニングなのです。

例えば2017年1月に1ビットコインマイニングしていれば12月の利益率はなんと2300%です。

仮想通貨は「買うもの」という刷り込み

何故多くの日本人が「仮想通貨は株みたいに日本円で買うもの」「仮想通貨はFXみたいにデイトレードするもの」として強く認識し、マイニングで入手する事を知らなかったのかといえば、要するに取引所の大量のTVCMを始めとしたマーケティング戦略にまんまとハマったという事になると思います。というよりも取引所の仮想通貨購入を煽る広告によってそこで初めて「仮想通貨の存在を知った」という人が大多数だったのかもしれません。

買い煽りの無い今こそマイニングしろ

その後ご存知のように仮想通貨取引所は問題を起こしたり、行政処分を受けて消えたり規模を縮小したりしました。現在は仮想通貨取引所企業のあらゆる広告が自粛され「明るく楽しく仮想通貨を買って儲けよ~」というアホムードは消えてなくなりました。つまりそれは、広告が醸し出す国民総動員の号令のように背中を押す後押しも無く、インチキなんじゃないか、大損するんじゃないかというムードに転換するなか大半の人が退場し、孤独な恐怖感だけが支配する今こそがマイニングで仮想通貨を集めるタイミングなのです。

なぜ仮想通貨は買ったら負けなのか
  • 取引所のTVCMが仮想通貨は「買うもの」と洗脳した
  • 大量の広告出稿の大号令が鳴り響くなかみんなで高値で買っても既に遅い
  • 仮想通貨で儲けた人は安い時にマイニングで大量に手に入れていた人
  • 不気味なほど静かで無風状態の今こそ地道にマイニングで大量入手すべき